PR

 2008年12月の台湾電子セクター各製品分野の代表的企業32社の売上高は,対前年同月比(以下YOY)-32.2%,対前月比(以下MOM)-16.6%と大幅続落となった。2008年10月にYOYでマイナスに転じた後(2003年以来初めて),11月,12月と下落幅を広げており,底割れの様相を呈している。一方で,サプライ・チェーン各層における在庫調整は年末までに一段落し,「急単」と呼ばれるラッシュ・オーダーが年明けから舞い込んできた模様である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料