PR

 ファウンドリ業界は非常事態が続いている。2008年12月も台湾Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd.(TSMC),台湾United Microelectronics Corp.(UMC)は,対前月比(以下MOM)でそれぞれ30%,20%を超える大幅減収で,アプリケ-ション,顧客の事業形態(IDM/ファブレス)を問わず,ファウンドリ需要の急減が続く。受注産業であり基本的に在庫を作らないファウンドリ企業の稼働率は,1.5~2カ月程度のラグはあるものの,実需と連動する。TSMC,UMCともに足元の稼働率は50%を大きく下回る水準と見られる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料