PR

Siファウンドリ第2位で,ユー・エム・シー・ジャパン(UMCJ)の実質上の親会社である台湾United Microelectronics Corp.(UMC)が,2009年2月10日に台北市で2008年第4四半期業績説明会を行った。売上高は185億4100万台湾ドル(対前年同期比(以下YOY) 32.9%減,対前期比(以下QOQ) 25.1%減),売上総利益は18億9900万台湾ドル(同66.4%減,56.5%減),営業損益 は-11億7400万台湾ドル(同赤字転落,赤字転落),当期純損益 は-235億1000万台湾ドル(同赤字転落,赤字拡大)だった。売上総利益率は10.2%(第3四半期は17.6%),営業利益率は-6.3%(同3.8%)と,過去最大の赤字となった。売上高は会社側の第3四半期決算発表時の見通し(QOQ 19~21%減)には未達だったが,2008年12月9日に発表した下方修正後の見通し(同 24 ~ 26%減)範囲内での着地だった。売上総利益率(当初見通し 17~19%程度→修正見通し 7~9%)は修正見通しを若干上回る結果となった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料