PR

 アルバックの2009年6月期上期(2008年7月~12月)の業績は,売上高1081億円(前年同期比7.4%減収),営業利益37億円(同2.5%増益)となった。事前の同社予想とわれわれの予想は売上高1190億円,営業利益24億円だった。FPD製造装置,半導体製造装置,真空ポンプの売り上げが半導体および液晶パネルの投資凍結によって下振れたが,コスト・ダウンと経費削減効果が予想を大きく上回った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料