PR

これまで,製品としてのLSIの信頼性は,ユーザー業界ごとに定められた標準的な目標値を設定し,その目標値を満足できることを加速試験(ストレス試験ともいう)によって評価,保証してきた。このような保証手続きを一般に「認定試験(qualification test,信頼性保証試験)」と呼ぶ。認定試験の目的は,想定した使用環境や使用期間において,目標とした信頼性を確保することである。このため,メーカにとっては量産へ移行するための最終判断の基準になる。一方,ユーザにとっては製品を採用するための判断基準になる。認定試験を含めた総合的な信頼性保証が不十分な場合,市場での不良率増加やリコールが起こる。不良率増加やリコールが起きると,メーカは多大な追加コスト負担や企業ブランドの失墜といったビジネス上の大きな損失を招く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
『アカン!DX』

『アカン!DX』

日本企業と行政のDXの隠れた大問題を見える化!

DXブームは既に腐り始めている――。人気コラム「極言暴論」「極言正論」の筆者が、日本企業や行政のDXの問題点をずばり指摘する。経営者から技術者までDXに取り組むすべての人の必読書!

書籍『アカン!DX』の詳細はこちら

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る

日経BPはエンジニアや企画・営業も募集中