PR
初代大西浄林作「霰乙御前釜」。整然と霰が打たれた釜の甲に「獅子」の鐶付がつく。
初代大西浄林作「霰乙御前釜」。整然と霰が打たれた釜の甲に「獅子」の鐶付がつく。

 古い霰釜を手に大西はそう言う。自然を模倣して、その荒れた風情を再現しようとする試みと、そこににじみ出てくる人の手によるわずかなゆらぎ、そして時代を経ることによって得られる風化の味わい。こうした意図的な効果と偶然、自然のはたらきが、一つの釜の中で重層的に調和しているのである。(文中敬称略)