趣旨
日経BPコンサルティングが実施した中国市場におけるブランド力評価調査「ブランド・チャイナ2011」。そこでは,想像以上に中国国民に浸透していない,日本メーカーの姿が明らかになった。では,中国市場において「品牌(ブランドを表す中国語)」から「名牌(特に有名なブランドを表す中国語)」になるには,どのような戦略が必要となるのか。ブランド・チャイナの結果をもとに分析する。
銭 愛麗
日経BPコンサルティング コンサルタント
ブランド・チャイナ プロジェクト・マネージャー
中国上海市出身。上海交通大学工学部卒。1994年来日。東京大学大学院工学系修士課程修了後、日経BP社に入社。中国市場に関する調査・コンサルティング事業を担当。