PR

 COP17(第17回国連気候変動枠組み条約締約国会議)が、混迷の中で大きな成果を得られないまま2011年12月11日に閉幕した。各国の思惑が複雑にからみ合い、地球温暖化への対策が遅々として進まないことをあざ笑うかのように、環境変化が次々と各地を襲い始めている。

 特に北極海では、海氷の減少など様々な異変が顕著になっている。一方で、海氷の面積減少が各国の資源獲得競争を刺激するといった複雑な影響を経済界にも及ぼしつつある。

海水面の上昇、予測を上回る

 温暖化の現状などを報告した、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第4次評価報告書が公表されたのが2007年2月。この報告書は、温暖化の現状や予測される未来が深刻な状況にあると警鐘を鳴らす内容だったが、その後の多くの研究によって、状況の悪化が当時の予測を上回る勢いで進んでいる可能性が高いことが分かってきた。

 例えば、温暖化による水の膨張や氷河の融解などによって起こる海水面の上昇。IPCC第4次評価報告書では「2100年における海面は、1990年に比べて0.18~0.59m上昇する可能性がある」とされた。ところがその後、米国やロシアなどでつくる北極評議会の研究チームにより、同時期における海面上昇の規模は、報告書の予測値を大きく上回る0.9~1.6mに達する可能性があることが示された。

 これは、このところ北極で気温が高い状態が続いていて、グリーンランド(デンマーク領)の氷床や北極近くの氷河が、従来以上の速度で解けて北極海に流れ込むという要因を考慮した結果だ。

オゾンホールが北極にも出現

 南極特有の現象とされてきた「オゾンホール」が、2011年の春先に北極で発生していたことも、国立環境研究所などによる研究で明らかになった。北極の上空で、観測史上最大のオゾン層破壊が起きていたのだ。これも温暖化の影響であることが、最近の研究で分かった。

 オゾン層破壊の主な犯人は、以前に冷媒などに大量に使われたフロンガスが分解してできる塩素ガス。現在、フロンガスの使用は国際的に厳しく規制されているが、大気中の塩素濃度が減るまでには、まだ20年程度かかるとみられている。

 南極でオゾンホールができるのは、上空に「極渦」と呼ばれる、大規模な気流の渦があり、その渦が極低温の寒気を閉じ込めるからである。塩素によるオゾン層の破壊は、マイナス80℃以下で爆発的に進むことが分かっている。

 北極にも極渦はあるが、それほど強くはなく、低緯度の暖気やオゾンが流入するので、これまではオゾンホールをつくるほどの塩素作用は起こらなかった。ところが2010年から2011年にかけて、北極上空はこれまでにない厳しい寒さに見舞われ、極渦がかつてないほどの寒気を閉じ込め、オゾンホールの発生を引き起こすことになったという。

 「これまでにない寒さということなら、温暖化とオゾンホールは関係ないのでは?」と思われがちだが、研究成果によれば、大いに関係がある。北極上空の大気の冷却現象は、温室効果によって下層の大気が暖められたことで発生したと考えられているのである。