PR

 重電メーカーとして中国で存在感を示すスイスABB社。同社は日本では知名度がいまひとつのところがあるものの、グローバルでは13万人の大企業だ。本拠地はスイスだが、本社には300人しかおらず、経営陣は「飛行機がオフィス」と言うほど世界を飛び回る。

 そのABBが2011年11月23日から、プライベート・イベント「2011 ABB Power World」を開催した。場所は北京。ABBの経営陣はもちろん、中国の国家電力監管委員会、国家能源局、国家核電、国家電網といったそうそうたる公的機関の代表者が今後のエネルギー動向や政策を語り、ABBが中国に深く浸透している様子を来場者に見せつけた。エネルギー分野で、中国でここまで存在感を示す日本企業は少ない。

 ABBはなぜ中国での存在感を高めることができたのか。日本企業が学ぶべきところはどこなのか。ABBにおけるアジア地域の責任者である、同社North Asia RegionのPresident兼ABB(China)社のChairman and PresidentのClaudio Facchin氏に聞いた。(聞き手は、日経BPクリーンテック研究所 望月洋介)

——今回の「ABB Power World」で、中国でのABBのポジションの高さが垣間見えた。

ABB North Asia RegionのPresidentとABB(China)社のChairman and Presidentを兼務するClaudio Facchin氏

 ABBの中国における活動は、1992年に販売の合弁会社を立ち上げたのが始まりだ。それから20年間、経験を積んできた。

 当時、多くの企業は中国を「低コストの生産拠点」として見ていたが、ABBは中国を戦略的な市場としてとらえて入ってきた。だから販売拠点を立ち上げ、研究開発、設計、生産などすべての段階でバリューチェーンを構築し、ポジションを築いてきた。今後は「アフターセールス」として保守管理などのサービスにも力を入れていく。分野としては電力だけではなく、工場の自動化などに関しても同様に取り組んでいる。

——中国における企業規模拡大のピッチが早い。

 中国でいまや従業員は1万8000人である。2年足らずで3000人も増えた。今後も中国の国内総生産(GDP)の伸びを上回る勢いで成長を遂げる。そのために人材は製造面でも研究開発面でも必要だ。

——よく言われる懸念だが、中国進出の際に「中国側に技術を持っていかれる」という恐れはなかったか。

 それが中国に投資しない理由にはならない。中国市場にはそれをはるかにしのぐ魅力がある。加えて、中国もさまざまな技術の国際標準の採用に前向きに取り組んでいるということもある。

——中国におけるスマートシティ関連の取り組みを聞きたい。

 中国政府が、第12次五カ年計画で「エネルギーの利用効率を向上させ、環境に配慮する」と明言したことは大きい。当社としては、送配電だけではなくデマンド・レスポンスなど多岐にわたってエネルギー利用の効率化に貢献していく。再生可能エネルギーなど不安定なエネルギーを取り込むときには蓄電ソリューションを持っていることが重要で、デマンド・レスポンスに適合したものを利用している。

 風車は造っていないが、風力発電でカギとなる部品はすべて持っている。コンバーターや発電機、さらに送電網に接続する技術である。電気自動車も造っていないが、電気自動車向けに充電器を提供している。15~20分で充電できる直流版と、家庭で一晩で充電できる交流版である。

 直流に関しては、データセンターの直流給電にも取り組んでいる。将来は家庭の直流給電化も考えたい。太陽光発電もLEDも情報機器もすべて直流なのだから、交流が入ることによる変換ロスを削減できる。