PR
ものづくり企業の変革力を高める ちえづくり 新しいインクスの革新手法、インクス著、1,890円(税込)、四六判、296ページ、日経BP社、2012年4月
ものづくり企業の変革力を高める ちえづくり 新しいインクスの革新手法、インクス著、1,890円(税込)、四六判、296ページ、日経BP社、2012年4月
[画像のクリックで拡大表示]

 金型設計・製作プロセスの改革で名を馳せたインクス(本社東京)は、社内においても、社外に対するコンサルタント業務においても、設計開発プロセスを細かい単位に分けてそれぞれを定型化し、これをITで自動化することによって大きな効率向上を実現してきた。しかし、自動化だけでは、その後の発展を継続することが難しくなる場合がある。同社は「人の知恵を活かしていくことがこれからの企業のあり方」(本書から)との考えを強く持つようになった。

 人の知恵をいかにより良い形に変え、組織で使えるようにするか。このことを目指したアプローチを、同社は「ウィズダム・エンジニアリング」と名付けた。本書は、その考え方と実践を具体的に述べたものである。監修は、ナレッジ・マネジメントの基礎理論で知られる一橋大学名誉教授の野中郁次郎氏。

ご購入はこちら