PR
ものづくり大全−加工編−製品価値を飛躍的に高める技術とノウハウ、日経ものづくり編、58,000円(税込、日経ものづくり読者は税込48,000円)、A4変型判、520ページ、日経BP社、2012年6月
ものづくり大全−加工編−製品価値を飛躍的に高める技術とノウハウ、日経ものづくり編、58,000円(税込、日経ものづくり読者は税込48,000円)、A4変型判、520ページ、日経BP社、2012年6月
[画像のクリックで拡大表示]

 日本の製造業の真の競争力とは何だろうか? 本書の企画は、ここからスタートしました。新興国の製造業の驚異的な追い上げで、多くの日本メーカーが苦しんでいます。日本で生まれた先端技術も、しばらくすれば追い付かれる。しかし、常に一歩先を行く技術を利用すれば、競争優位を保てるはず。

 その1つが「加工」でした。日本には優れた加工メーカーが多く、優れた加工技術が途切れることなく生まれています。そうした国は、日本の他に世界に存在しません。よし、加工技術の本の決定版を作ろう。

 革新的な加工技術を積極的に取り込み、昨日まで不可能だと諦めていた斬新な設計を実現して、顧客に喜ばれる斬新な製品を生み出す。そして、国内市場でも海外市場でも輝きを放つ。本書がその一助となることを願っています。(近岡)

ご購入はこちら