PR

 これに対してAndroidは、2008年10月にAndroid搭載機種第一号(T-Mobile G1)が米国で発売されて以来、急速に世界市場の68%を占めるまでに成長した。Google社が開発したAndroidが急速にここまで成長したのは、2007年11月に規格団体を立ち上げて、オープンソースとして無償配布されているからであろう。

 前述の図4における上位5社の内では、1位のSamsung社の他、台湾HTC社、中国ZTE社がAndroid端末を製造している(Android規格団体には世界の端末メーカー23社が参加している)。結局、世界のスマホ市場は、Googleの支援するAndroid陣営とApple社との2大勢力で争われる構図となっている。

図5 2012年度および2011年度第2四半期OS別世界スマホ出荷数量と市場シェア(単位:100万台)
世界のスマホ市場は、Googleの支援するAndroid陣営とApple社との2大勢力で争われる構図となっている(出所:米IDC)。
[画像のクリックで拡大表示]