PR
感じる科学、さくら剛著、1.365円(税込)、単行本、304ページ、サンクチュアリ出版、2011年12月
感じる科学、さくら剛著、1.365円(税込)、単行本、304ページ、サンクチュアリ出版、2011年12月
[画像のクリックで拡大表示]

 かつて、科学とは、うさんくさいものだった。

 地球が宇宙の中心、と信じられていた時代に地動説を唱えたガリレオは、あまりにいかがわしいので異端審問にかけられた。

 すべての生き物は神が作りたもうた、という当時の常識に反して「人間を含めたあらゆる生物が進化によって誕生した」とダーウィンは主張し、猛反発を受けた。

 近世になって、科学技術が世の中を変え生活を豊かにするようになると、さすがに科学を批判する風潮はなくなったが、代わりに、「難しくてよく分からないもの」と敬遠されるようになった。

 いやいや、そんなことはありません。科学っておもしろいんですよ~! と解説してくれる書籍がたくさんあるなかで、今までにないユニークな解説書を見つけた。それがこの本、『感じる科学』である。

 本書のユニークなところ、それは「バカバカしい」たとえ話が、これでもか! というくらい登場することだ。