PR

 結局、IEC TC65C委員会では統一したプロトコルを作ることをあきらめ、複数のプロトコルを同時に国際規格として承認するという方向に方針を転換しました。この方針転換は参加国の中で議論を呼び、賛成する国と反対する国に分かれましたが、ともあれ、以上のような経過をもって、誕生したのがフィールド・ネットワーク*2のレベルでのネットワーク仕様に関する規格「IEC61158」(産業用通信ネットワーク-フィールドバス仕様)であり、この通信規格にプロファイル(アプリケーションのレイアウト)を規定したのが「IEC61784」(産業用通信ネットワーク-プロファイル)です。

*2 フィールド・ネットワーク 狭義には、ロボットや工作機械、各種アクチュエータの駆動装置といったフィールド機器と、コントローラを接続するデジタル通信ネットワークのこと。広義には、その上位層であるコントローラ同士やサーバや工業用パソコンとコントローラの間を接続するデジタル通信ネットワーク(コントロール・ネットワーク)や、最下位層である各種スイッチやリレーなどを接続するデジタル通信ネットワーク(フィールドエンド・ネットワーク)を含む。IEC61158では、広義のフィールド・ネットワークを対象としている。

 IEC61784の規格はその後数回の改定を経て、現在はIndustrial Ethernet(産業用Ethernet)の規格を含めて、のようになっています(2010年改訂のもの、2013年にも改訂が予定されています)。

表●産業用ネットワークの国際規格
[画像のクリックで拡大表示]

 また、IEC61158/61784の他にも、別の国際規格である「IEC62026」(低電圧開閉装置と制御装置-コントローラ・ デバイス・インタフェース)として規格化されているプロトコルもあります。