PR

 前回、産業用Ethernetベースのネットワークには、より速いスピードを求めるものと、より多機能な通信を求めるものの2つがあると説明しました。

 多機能な通信とは制御通信だけでなく、TCP/IP通信機能を持っています。その代表例が、「PROFINET」「EtherNet/IP」「Modbus TCP」です。

 前回示したマーケットシェアではこの3つのプロトコルのシェアの合計が、「EtherCAT」「Powerlink」「Sercos」の合計の5倍となっています。これはEtherCAT、Powerlink、Sercosが主にモーション制御のマーケットをターゲットとするのに対して、PROFINET、EtherNet/IP、Modbus TCPがより汎用的なマーケットに使用されていることを示しています。

 PROFINET、EtherNet/IP、そしてModbus TCPの技術上の違いについては、
・アクセスするデータの指定方法
・リアルタイム性を実現する方法
に注目して考えてみます。