PR

 美しさに優るものはない。

 Tech-On!のテーマサイト「クルマ」のこの1カ月間(2013年4月23日~5月27日)をまとめると、このひと言になるかもしれません。

 大型連休に合わせて公開した上海モーターショーのコンパニオン写真集が、ダントツでアクセス数のトップ。クルマをこよなく愛する日経エレクトロニクスの狩集デスクが、上海の広い会場で収集してきた、まさに足で稼いだ力作です。(関連記事「クルマを彩る美女たち」)

 「現地で本当に仕事はしていたのか」という突っ込みは野暮というもの。疑念はさておき、華麗な写真の“美しさ”からにじみ出てくるのは、世界一の市場になった中国の勢いでしょう。

 尖閣問題などで日中関係が悪化する中、日本メーカーは苦戦しているようですが、彼の地のマイカーブームはまだ続きそう。沿岸の大都市から内陸部にブームが広がっているという報道もあります。4月に入って日本メーカーの販売台数も減少に歯止めがかかり始めたようです。

アクセス記事ランキング(4/23~5/27)
クルマ
1 【上海モーターショー番外編】クルマを彩る美女たち
2 富士重工業、「XVハイブリッド」は40km/hまでEV走行
3 三菱自動車社長、相次ぐ品質問題に「仕事の重みを考えられない状況にある」と反省の弁
4 【上海ショー】ホンダ、ミニバン「JADE」を2013年9月に発売
5 【クルマ】誰もやらないことをやれ
6 富士重「XVハイブリッド」、「世界初」の振り子式ベルトテンショナを採用
7 メルセデス・ベンツ日本、「Eクラス」を大幅に部分改良して発売
8 ホンダ、新型「NSX」をオハイオ州メアリズビル4輪車工場の隣で生産
9 富士のGT300、ハイブリッド車が1-2フィニッシュ
10 トヨタがレクサス「IS」を全面改良、HEVモデルを追加
11 【上海ショー】トヨタ、新型「ヤリス」や中国専用車の「雲動双撃II」と「FT-HT」を初披露
12 【上海ショー】トヨタ、ハイブリッド車のレクサス「GS300h」を発表
13 JARIが拡張現実実験車を公開、前方視界と仮想物を前方の液晶モニターで合成
14 ポルシェジャパン、「ポルシェ918スパイダー」の車両質量は約1640~1675kg
15 ポルシェジャパン、全面改良した「ポルシェ911ターボ」と「ターボS」の予約受注を開始
16 上海モーターショーで感じた欧米系自動車メーカーのしたたかさ
17 フランスPeugeot社、新型「308」の概要を公開
18 電気自動車は“勝つか、負けるか”
19 【上海ショー】Volkswagen、プラグイン・ハイブリッド車「CrossBlue Coupe」を初披露
20 「すりあわせ」では新興国に間に合わない

美しさの陰に流行の変化

 一応、狩集デスクの名誉のために申し上げておくと、現地では本来の目的である技術系メディアとしての仕事もこなしていた模様です。自動車業界を長年見てきた観察眼は、上海モーターショーで大きな一つの変化を捉えています。

 それは、「電気」から「エンジン」ヘの回帰。どのメーカーも電気自動車やハイブリッド車などのコンセプトを披露していたものの、その展示は確実に減っていたそう。それに代わり、欧米系の自動車メーカーが力を注いでいる技術は「エンジン」だというのです。(関連記事「上海モーターショーで感じた欧米系自動車メーカーのしたたかさ」)

 ドイツVolkswagenグループが現地で大きな収益を上げているエンジン「TSI」がモデルケースになっています。いわゆる「小排気量のターボ付き直噴ガソリン・エンジン」です。電気との組み合わせではなく、ターボエンジンを導入することで低燃費を実現する取り組み。上海モーターショーでは、欧米系メーカーを中心に同様の技術を導入したコンセプト車が数多く出展されていました。