PR

提言2:「よいものは売れる」から脱却しなくてよいのか?

 第2の課題の提起です。

 日本メーカーの特徴として、ある問題が存在すると私は考えています。それは「よいものは売れる」という感覚です。さすがに機能さえ高めると売れると無条件に信じている人は少数派でしょうが、多くの人と話をしていると、まだまだその感覚から抜けきっていないことを感じます。私が「日経ビジネスオンライン」に寄稿したコラム「3Dプリンターは本当に日本の救世主なのか?」で取り上げた次の例を再掲します。

「Google独占にはさせない」--国産検索エンジン開発へ、産学官が一致団結
(外部サイト「CNET Japan」の2006年6月16日付記事へのリンク)

 この事例は、産官学が協力して技術のブラッシュアップを行い、その技術でGoogleの独占を崩そうというものですが、いくら優秀な検索エンジンを開発してもそれだけではビジネスにならないのはいうまでもありません。それなのに、優秀な検索エンジンさえ開発すればなんとかなるという考え方が日本ではまかり通っていたのです。

 私はこのコラムの中で次のように述べました。

「検索エンジンの優劣はとても重要でしょう。しかし実際のビジネスの優劣はもっとほかのところにも起因します。Googleは検索エンジンそのものを売っているのではありません。検索エンジン技術を背景にしたインターネット上の広告代理店というビジネスで大きなシェアを占めていることがGoogleのビジネスの本質です」