PR
[画像のクリックで拡大表示]

「ダイソン」との違いはどこに

 日本の製品や海外ブランドの製品の違いについても、「ダイソン」の掃除機を引き合いに出されて日本メーカーはどうしてあのようなものづくりができないのかという発言も頂きました。

 これは非常に重要なご指摘だと思っています。日本製品は性能や機能は優秀であり、海外ブランドには引けを取りません。しかし実際に使い勝手、使い心地に差がある場合が多くあると実感しています。

私自身これに関しては以前にある経験をしており、この経験をお話しました。ある日本メーカーの社長さんから電動シェーバーは何をお使いですかと聞かれて、たまたま使っていた海外メーカーの名前を申し上げたところ、是非これを使ってみてくださいと試供品を頂きました。切れ味が違いますと自信を持っておられたのです。

 実際に使わせて頂くと、その方のおっしゃる通り素晴らしい切れ味で今まで以上に深剃りが可能でした。ところがそのシェーバーより、確かに性能では劣ると感じた今まで使っていた海外メーカーのシェーバーの方が使い心地という観点では私の評価は高いままだったのです。

 切れ味、深剃りという点では日本メーカーの方に軍配が上がりますが、手に持った感触や見た目のデザイン、更に駆動時の音や振動、そして外刃の感触や皮膚が感じる温度に関しては、海外メーカーの製品の方がよかったのです。