PR
自宅ではじめるモノづくり超入門 〜 3DプリンタとAutodesk 123D Designによる、新しい自宅製造業のはじめ方 〜、水野 操 著、2,940円(税込)、B5判、277ページ、ソフトバンククリエイティブ 、2013年5月28日
自宅ではじめるモノづくり超入門 〜 3DプリンタとAutodesk 123D Designによる、新しい自宅製造業のはじめ方 〜、水野 操 著、2,940円(税込)、B5判、277ページ、ソフトバンククリエイティブ 、2013年5月28日
[画像のクリックで拡大表示]

 DIY(Do It Yourself)や日曜大工といった言葉が市民権を得ているように、個人のものづくりといえば、これまでは主に金づちやのこぎりを手にしてきた。ただし、近年は3D-CADや3Dプリンタの低価格化が進んでおり、従来とは違ったものづくりができる。仕事を離れ、個人的に3Dプリンタを使ってみたいという技術者も少なくないはずだ。

 本書は、約3分の2のページ数が3Dモデリングについて割かれている。基本的に、米Autodesk社が開発した無償3D-CAD「Autodesk123D Design」を前提に、3Dモデリングの考え方や操作方法、マグカップや名刺ケースといった具体例に基づいたモデリングの進め方を解説する。これに加え、3Dプリンタによる造形の基礎知識や造形サービスの利用方法などについても取り上げている。新しいものづくりにチャレンジしてみたい、と思い立った際の参考書として活用できそうだ。

Amazonで購入