PR

 米Apple社の主要製品の生産動向を紹介する。

 バリューチェーンから見た「iPhone 5/5s/5c」の2013年第3四半期(3Q)における推定生産台数は2700万~3000万程度だったと見ている。7月時点での推定生産見通し(3800万~4000万)と比べると大幅な未達に終わった。

 新型の旗艦機種「iPhone 5s」が、指紋認証や関連ソフトなどの遅れが最後までボトルネックとなって、組立開始のタイミングが当初想定の7月から8月後半へと大きく遅れた。その結果「5s」は発売開始後、供給数量が需要に追い付かず増産モードが続いている。4Qの生産は当初の3000万台程度から4000万台程度に目標が引き上げられた(部品需要はそれ以上)と見ている。

 部品供給や歩留まりの観点から、目標通りの生産ができるのか否かに注目していた。バリューチェーンの動きを見る限り、10月以降の生産は立ち上がってきた感がある。4Qの生産が4000万台にまで達するのかは不透明であるものの、近くに達しそうである。