PR

言葉で表せて表せないもの?

 ブランドという言葉自体はよく耳にするし、実際にみなさんも使われていますが、その言葉自体をはっきりこういうものだと捉えている方は少ないのが現実なのです。

 そこでマーケッターという普段からブランドを仕事で扱っている方お二人に、ブランドの定義を尋ねてみました。その結果、一人は「ブランドとは言葉である」と言いましたが、もう一人は「ブランドとは言葉で表されないもの」と定義したのです。

 これらの二つの定義は正反対のようではありませんか。しかしよく考えてみると同じことを言っていると気づきます。

 ブランド名は、そのブランドの背景にあるその会社や製品の歴史、逸話、その製品を創り出す人や購入して使う人の思いを想起させるトリガーとしての言葉であると言えますし、逆に一言で表せないブランドの背景にあるその会社や製品の歴史、逸話、その製品を創り出す人や購入して使う人の思いであるとも言えるのです。

 ブランドの定義はなかなか難しいことが理解して頂けたと思いますが、まだまだ定義があいまいで、このままではことづくりをブランドという軸で拡張してことづくりまで取り込むことが一筋縄でいかないことが理解できるでしょう。