PR

マンションの管理人は何に困ったか?

 環境の変化などで企業の「提供価値」(=シーズ)と「市場のニーズ」のマッチングが崩れるとどうなるでしょうか?

 ニーズを満たす「もの」や「サービス」が環境の変化のために存在しなくなるので、それを必要とする人が「困った」を感じるようになります。実はこの
「困った」が新しい企業の「提供価値」と「市場のニーズ」のマッチングを見つける優れたセンサーなのです。

 困るということは、困っているその人が既に顕在化したニーズを持っているということであり、他にも同様のニーズを抱えている人がいる、即ち市場の存在がある程度保障されているということを意味します。

 そこにニーズはあるのです。従って、それを満たすがそれまでになかった製品やサービスという価値を提供すれば、企業の「提供価値」と「市場のニーズ」のマッチングは確実に成立しますから、優れたビジネスの仕組みをつくり上げることが可能になるのです。

 例を挙げてみましょう。