PR

ASEAN地区に属する、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、ミャンマーにおけるLED照明の今後についてシリーズでお伝えします。今回はインドネシア編です。

写真1 大手コンビニエンスストアの店内照明はLED照明になっている
写真1 大手コンビニエンスストアの店内照明はLED照明になっている
[画像のクリックで拡大表示]

 インドネシアでは、すでに街路灯、商業施設、商業ビル、ホテル、コンビニエンスストアなど、多くの施設でLED照明が導入されている。また、ホームセンターや電気店でも既にLEDランプが販売されている。

 インドネシアでLED照明が普及する背景には、電力量の逼迫、中間層の拡大、インフラ整備の拡大がある。製品は他のASEAN諸国と同様に蘭ロイヤルフィリップスや中国メーカー製が大勢を占める。インドネシアは、植民地時代にはオランダ領であり、フィリップスの存在感は依然して強いという。また、少数派ながら華人の経済影響力は強い。韓国勢も徐々にではあるが、存在感を見せつつある。

写真2 フィリップス社の製品は一番目立つ場所に特別コーナーとして置かれている
写真2 フィリップス社の製品は一番目立つ場所に特別コーナーとして置かれている
[画像のクリックで拡大表示]
写真3 LED照明のチラシ
写真3 LED照明のチラシ
インドネシアで展開する米国企業のホームセンター「ACE Home Center」では、自社ブランド品が並ぶ。全て中国製だ。
[画像のクリックで拡大表示]