PR

 2世代目となる新型「コペン」は、その名前こそCOPENと言い初代と同じだが、初代が「Compact Open」から取った名であったのに対し、新型は、「Community of Open car Life」の意味を持たせている。

新型ダイハツコペン・ローブ、ボディカラーはクリアブルークリスタルメタリックで、内装は標準のベージュ
[画像のクリックで拡大表示]

 軽自動車のオープンスポーツカーであることに間違いないが、車名の意味を変えることによって、クルマ作りにも新たな取り組みが採り入れられた。そのうえで、チーフエンジニアの藤下修氏は、新型コペンの走り味について「キビキビ」という言葉を封印したと話す。

5速マニュアルシフト車をラインアップ。クラッチ操作をしながらシフト操作を繰り返す、運転の原点を楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]