PR

 「レクサスNX」は、トヨタ自動車「ハリアー」をベースに開発されたレクサスブランドの新しいSUVだ。一回り大きな先代の「レクサスRX」は国内ではハリアーとして売られていたが、現行車ではRXが専用車となりハリアーは国内専用車となっている。今度は、その新型ハリアーをベースとしてNXが誕生した。

 車体寸法は全長と全高の面で新型ハリアーより短く、また低くなっている。全幅については若干広がり、それら寸法の違いによって、より低重心で安定感のある外観となっている。

 見た目には、フロントマスクのスピンドルグリルや、車体側面の抑揚の付いたデザインなどにより、ハリアーより存在感が増し、また大柄な印象も受ける。

ボディーサイドの抑揚あるデザインが印象深い
[画像のクリックで拡大表示]