PR

 この医薬品パッケージには、2次包装部分に細かい回路設計を施したプリント基板が貼り付けられている。プリント基板は紙製で、回路は炭素ベースのインクで印刷されている。金属を含まないためリサイクルが簡単だ。

パッケージに施された回路の様子
[画像のクリックで拡大表示]
パッケージに施された回路の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 医薬品パッケージの状態は、GSM(第2世代移動通信方式)のSIMカード入りモジュールで検知する。モジュールは常時パッケージの回路基板に装着し、錠剤がパッケージから取り出されると、それを検知して指定の看護師など医療チームにショートメッセージが送られる。

 患者本人は自己のデータにアクセスし服用記録を閲覧できる。モジュールの電池寿命は約7~8週間。電池残量が一定ラインまで下がると自動的に患者にショートメッセージが送られ、充電をするように促す。