PR
2014年春に募集した時の内容
2014年春に募集した時の内容
[画像のクリックで拡大表示]

 ドラッガーは、調剤薬局における「監査」業務を自動化するためのシステムである。この装置によって薬剤師および薬局全体の業務効率を大幅に改善するとともに、調剤や薬事相談など患者に直接的な価値をもたらす業務に薬剤師が多くの時間を割り当てられるようになる。

 処方薬の調剤業務では、薬の取り違えや分量の間違いなどを防ぐ目的で、実際に調剤を実施した薬剤師とは別の薬剤師による「監査」が義務付けられている。監査は、調剤薬局にとって不可欠な業務であることは間違いないものの、薬剤師にとって大きな負担となっており、調剤や薬事相談などに手が回らないという本末転倒な事態を生み出している。特に、人的リソースの余裕が少ない中小規模の調剤薬局にとっては死活問題である。

 現在、監査業務を自動化するためのシステムは幾つか製品化されているものの、「価格が高い」「設置スペースが大きい」などの問題を抱えている。ドラッガーは、中小規模の調剤薬局でも導入可能なコストや設置スペースを目標とする。

 近年、日本全国の処方箋枚数は増加傾向にある。さらに、医薬分業の推進によって、薬の処方が病院外の薬局で行われる院外処方の割合も高まっている。今後も、高齢化などによってこうした傾向は続くとみられる。つまり、調剤薬局において業務効率を改善したいというニーズも強くなる。ドラッガーは、そうしたニーズに正面から応えるものだ。

 既存の高価で大型の自動化システムを導入できるのは、院内薬局や病院の近隣に店舗を構える「門前薬局」などに限られる。厚生労働省の調査によれば、日本全国にある薬局の数は5万を超える。低コスト化や省設置スペース化を実現すれば、中小規模も含めたほとんどの薬局がターゲットとなり得る。