PR

 2014年9月3日、大阪府立大学は世界で初めて、細胞内に存在する「時計遺伝子」の特性を利用して、野菜の栽培を効率化するグリーンクロックス技術を採用した量産タイプの完全人工光型植物工場「グリーンクロックス新世代植物工場」を中百舌鳥キャンパスに開設した(図1)。

図1 世界初のグリーンクロックスを採用した植物工場(写真:日経BPクリーンテック研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 レタスなど葉物野菜を栽培する。日産5000株というのは、植物工場としては日本で5番目の規模である。9月17日の見学会では工場内部が公開された。

植物を個体差で選別

 グリーンクロックス技術の仕組みはこうだ。植物は、細胞の一つひとつに体内時計がある。体内時計は発芽した時から働く。この体内時計の性能によって、同じ環境下でも植物の成長度合いは異なる。なぜなら人に個体差があるように、植物にも個体差があるからだ。

 なるべく元気で成長の速い苗を選べば、同じ環境でも収穫量を増やすことができる。統計的に相関関係を調べているので、体内時計の性能を診断すれば、力強くて成長が速い苗を選別することが可能だ(図2)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図2 苗を選別して栽培効率を上げる(写真:日経BPクリーンテック研究所)

 グリーンクロックス技術を開発した大阪府立大学によると、同技術を用いれば、秀品率は90%から95%に上昇し、生産コストを5%削減できる。また、選別することで個体差がなくなり、その優良な苗に環境制御を最適化することで1株当たりの重量を増やせる。想定では、平均80gが100~120gまで増加する。