PR

2014年9月3日、大阪府立大学は世界で初めて、細胞内に存在する「時計遺伝子」の特性を利用して、野菜の栽培を効率化するグリーンクロックス技術を採用した量産タイプの完全人工光型植物工場「グリーンクロックス新世代植物工場」を中百舌鳥キャンパスに開設した(図1)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料