PR

 もう1点、気になったのはブレーキペダルの感触だ。踏み込み初めの減速感が弱く、さらに踏み込んでいっても応答が鈍く感じた。もちろん、深く踏み込めばきちんと減速するが、軽く踏み込んだところで減速の始まりがしっかり伝わり、そこから踏み込みが深くなるにつれてじわりと減速度が高まっていく安心感を備えたドイツ車全般におけるブレーキへの信頼性とはかけ離れていた。まるで後輪にドラムブレーキを使っているクルマのように心もとないのである。

 BMWは、これまで、あらゆるクルマで前後重量配分50:50にこだわってきた。しかしさすがにFFとなった2シリーズアクティブツアラーでは、58:42ほど(試乗した電動パノラマ・ガラス・サンルーフ付き車両で)となる。また、MINIでの経験があるとはいえ、FF車となったことでハンドリングやブレーキの仕上げにまだ試行錯誤があるのかもしれない。

ヘッド・アップ・ディスプレイには、アクティブ・クルーズ・コントロール情報も表示されて便利
[画像のクリックで拡大表示]
カーナビゲーション画面は、後退の際にはリアビューカメラの画面に切り替わり、かつ障害物の有無も表示される
[画像のクリックで拡大表示]