PR

 そういうこともあり、2シリーズアクティブツアラーは、これまでのBMW車を知る人には、いかにもBMWらしいという強いメッセージが伝わりにくいかもしれない。しかしながら、運転しながら思ったのである。同車の運転感覚は、あきらかにメルセデス・ベンツ的ではなく、アウディ的でもなく、フォルクスワーゲン的でもない。こうして消去法で手ごたえを確かめていくと、やはり残るはBMWなのだなと納得するである。それは、FF車となっても駆けぬける歓びを念頭に置いた開発がなされたからに違いないと思うのである。

BMWとMINIは、ETCカードがルームミラー裏に納められる
[画像のクリックで拡大表示]
写真で確認しにくいが、リアワイパーはルーフスポイラー裏に隠れ、見た目にスッキリして、こうしたところにもデザインへのこだわりを感じる
[画像のクリックで拡大表示]