PR

 「BOMを再構築したいが、投資対効果をうまく説明できない。そのため企画書の作成や経営幹部への説明が難しく、結果として起案が承認されない。どうすればいいのだろうか?」という質問をひんぱんにいただきます。このような質問が出てくる背景には、次のような事情があると推察しています。

・海外生産が急速に拡大しているが、事業部や生産拠点ごとにBOMに関するローカルルールがあり、スムーズに部品情報や技術情報交換ができない

・BOMはマスターなので、業務効率化による効果を訴求しにくい(業務コスト削減に単純につながらない)

・品番体系など、これまで慣れ親しんだ業務プロセスが変更になる可能性があり、開発・生産現場の賛同を得にくい

といった理由があるのではないでしょうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料