――そこにも切り込まないといけない。

田子學:人事評価が創造的でなければ良いアイデアは出てこないと思います。

――創造的な人事評価ですか。

田子學:さらにいえば、会社自体の評価にも新たな指標が必要だと思っています。例えば、米国では最近、「ベネフィットコーポレーション」という企業形態が広まっていると聞きます。

(写真:栗原克己)

――株式会社とは違うのでしょうか。

田子學:従来型の株式会社では、どんな事業でも最終的に金銭的な利益につなげる必要があります。株主がそれを要求するからです。ベネフィットコーポレーションでは、利益も追求しますが、金銭に換算できないような社会貢献も会社の存在目的に盛り込んでいるのです。そして、ベネフィットコーポレーションが金銭的な利益より社会貢献を優先したとしても、それを理由に株主から追求されることがない制度になっています。

 今、企業が社会貢献活動をしようと思っても、事業としてやるのは難しいので、CSR(Corporate Social Responsibility、企業の社会的責任)としてやらざるを得ない面があります。ベネフィットコーポレーションという制度を設けることで、企業の社会貢献活動を支援し、きちんとした評価を与え、社会貢献に積極的な企業への投資を促しているのです。