PR

 間も無く発売される米Apple社の「Apple Watch」をはじめ、スマートウォッチと言えば、四角いディスプレーを搭載したものが多い。だが、米Motorola Mobility社や韓国LGエレクトロニクス社は2014年、円形ディスプレーを搭載するスマートウォッチを相次いで発表した。米国で先日開催された世界最大級のコンシューマーエレクトロニクス関連展示会「2015 International CES」でも、円形ディスプレーを搭載したアナログ腕時計に近い雰囲気のスマートウォッチがいくつか出展されていた。

 今回は円形ディスプレーのスマートウォッチがなかなか登場しなかった理由と併せ、2014年秋に発売されたMotorola Mobility社の第2世代スマートウォッチ「Motorola Moto 360」を紹介する。

円形ディスプレーのMotorola Moto 360
円形ディスプレーのMotorola Moto 360

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料