PR

 英文を作成する際、日本語特有の表現に固執すると、分かりやすく簡潔な英語はなかなか書けません。明確に(Clear)かつ簡潔に(Concise)に書くために、日本語から英語への変換を順を追って見てみましょう。

「木材は、湿っている時と乾いている時では、後者の方がよく燃える。」

 まず、この文章を機械翻訳ソフトウエアにかけてみました。

Wood, when in it is wet and when it is dry, the latter burns well.

この英文を、技術英語のテクニックを使ってどれだけスマートにできるでしょうか。

 初めに考えるのは、文章の核です。この例では「木材は、燃える」です。ここに、条件や程度、比較を表す修飾語句を付けていきます。

  • 1) Wood burns.
      「木材は燃える」
  • 2) Wood burns well.
      「木材はよく燃える」
  • 3) Wood does not burn well.
      「木材はよく燃えない」
  • 4) Wood burns well when it is dry.
      「木材は乾いている時よく燃える」
  • 5) Wood does not burn well when it is wet.
      「木材は湿っている時よく燃えない」
  • 6) Wood burns better when it is dry than when it is wet.
      「木材は湿っている時よりも乾いている時の方がよく燃える」

以上の1)から6)の順で、英訳がひとまず完成しました。

 もとの和文にある「後者の方が」という言葉は、6)の比較級「A than B/BよりもA」で表現されていますので、始めに示した機械翻訳の「後者/the latter」という単語は不要だったことが分かります。

 ごく短い文章であっても、英語を翻訳するとき、いきなり日本語の字句を追ってはいけません。

 次に、できあがった6)の英文だけを眺めてみましょう。すると、和文の「湿っている時」「乾いている時」に引きずられたwhen~の繰り返しが冗長に感じます。もとの日本語から離れて「wet wood」「dry wood」と表現を変えれば、

Dry wood burns better than wet wood.
「湿った木材より、乾いた木材の方がよく燃える」

と7語で書き換えることができます。

 さらに、和文の主旨が「乾いた木材と湿った木材の対比」に無く、「木材は乾燥している方がよく燃える」ことが伝わればよいのであれば、

Drier wood burns better.

とたった4語に凝縮することも可能です。ここまでいくと、今の機械翻訳の技術ではムリでしょう。何を伝えたいかをよく考え、発想の転換を試みることも一つの手です。

■変更履歴
この記事の掲載当初、本文で最初に紹介した英文「Wood, when it is dry and it is wet, the latter burns well.」は「Wood, when in it is wet and when it is dry, the latter burns well.」の誤りでした。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。