PR
アクセス記事ランキング(1/5~1/26)
新産業
1 新事業と既存事業の人事評価制度が同じって、おかしいですよね?
2 「高価なおもちゃ」に負けた日本のメーカー
3 「8000歩/20分」以上の運動は、病気の予防にならない
4 若者が今の産業界に入ったら、失望してしまうかもしれない
5 ソニー、「ARメガネ」と「スカウター」で勝負
6 数字を言うな
7 3Dプリンター、この1年──ハイブリッド化の波が到来
8 手術支援ロボット「ダビンチ」に、外科医は何を望む?
9 特別編:2015 CESで注目集めたウエアラブル機器を現場から一挙に紹介
10 社内で空気を読み合い、新しいことができなくなった日本のメーカー
11 【Web版特別企画】ゼロイチ、続ける、口出さない、かつてないものを生む3条件
12 近いようで遠い照明と映像、融合したら新商品が生まれた
13 「スノボ」から「哺乳瓶」まで、現実世界をデジタル化
14 疑問を疑問のままにせず、世の中が動くまで訴え続ける
15 あなたの会社は、一介の趣味人に1個単位でセンサーを売れるか
16 編集部が選ぶ、2015年を占う10大キーワード
17 どうなる?医療ソフトウエア規制が医療現場に及ぼす影響とは…
18 百花繚乱のウエアラブル、その時部品は
19 休憩時間の取り方を変えただけで、受注率が10%以上も向上した
20 “賢い繊維”がヘルスケアを変える

 健康に良かれと思ってやっていた運動が、実は全く意味がなかったとしたら、結構ショックですよね。「『8000歩/20分』以上の運動は、病気の予防にならない」という記事がよく読まれたのは、自分のやっている運動に果たしてどれほどの効果があるのかということに多くの人が関心を寄せているからなのかもしれません。

 「8000歩/20分」は、高齢者にとって健康維持、病気・病態予防のために基準となる数値が「1日平均8000歩、中強度の活動時間が20分」であるという研究成果を示したものです。これは、東京都健康長寿医療センター研究所老化制御研究チーム副部長・運動科学研究室長の青柳幸利氏が、生まれ故郷の群馬県・中之条町で2000年から実践している健康実験。町内の65歳以上を対象に活動量計を配布し、そのデータを詳細に分析することで「歩数」と「速歩きの時間(中強度の活動時間)」による普遍的な健康づくりの指標として編み出しました。この研究は、町名を取って「中之条研究」と呼ばれています(関連記事

 青柳氏によれば、「8000歩/20分」を超えると運動の効果は統計的に頭打ちになるどころか、逆に疲れすぎて免疫機能は下がってしまうこともあるといいます。つまり、8000歩/20分以上の運動は、筋力はつくかもしれないが、病気の予防にはならないそうです。

 活動量計をはじめとする機器やセンシング機能を備えるウエアなど、運動をサポートする環境は飛躍的に良くなっています。そこにテクノロジーが貢献できる余地は非常に大きいのでしょう。しかし、こうした理論が伴っていなければ、目的に対して無駄な運動をしていたということになりかねません。運動が目的的になされる時代、中之条研究のような研究がどんどん進み、それに伴って機器やウエアも進化していくことを期待しています。