PR

 米Appleが先ごろ発表した2014年10~12月期の決算は、売上高、利益ともに過去最高を更新した。主力の「iPhone」の販売台数も過去最高を記録している。

 10~12月期は、新モデル発売直後の四半期であることに加え、年末商戦があることからiPhoneの販売は毎年この時期に伸びる。このことからアナリストらはまた新たな記録が生まれると、ある程度の予想はしていた(関連記事:Appleの決算に注目集まる、「iPhone」の販売台数はいかに)。

 だが、Appleが発表したその販売台数は7450万台。6700万台前後としていたアナリスト予想を大きく上回り、最も楽観的だとされた台湾KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏の予想台数7150万台をも上回った。

 この10~12月期の前年同期に比べたiPhoneの販売台数伸び率は46%となり、1年前の7%、2年前の29%を大きく上回った(図1)。iPhoneの販売台数は、故Steve Jobs前最高経営責任者(CEO)が死去した後の2011年10~12月期まで、100%前後の高い伸びで推移していたが、その後は鈍化していた。

図1●iPhoneの販売台数・10~12月期の推移
(データ出典:Appleの決算資料)

 またこれまでの販売台数の最高記録は、「4S」を発売した2011年10~12月が3704万台、「5」発売直後の2012年10~12月が4779万台、「5s」「5c」発売直後2013年10~12月が5103万台。ところが2014年10~12月期はこれらから突出した(図2)。Jobs氏死去後の2011年10~12月も空前の伸びを記録し、アナリストらを驚かされたが、今回はその2倍以上を販売し、またもや彼らを驚かせた。

図2●iPhoneの販売台数・各四半期の推移
(データ出典:Appleの決算資料)
[画像のクリックで拡大表示]

Samsungとの差わずか60万台、同率で首位との報告も

 Appleの決算発表後、米国の市場調査会社IDCは、2014年10~12月におけるスマートフォンの世界出荷台数(速報値)を公表した。これによると、韓国Samsung Electronicsは同四半期に7510万台を出荷し、メーカー別出荷台数の順位で首位を維持。これにAppleが7450万台で次いだ。

 だが、Samsungの台数は前年同期比11.0%減で、上位5社の中で唯一前年割れ。これに対しAppleは同46.0%増。これにより1年前に3300万台以上あったAppleとSamsungの差はわずが60万台に縮まった。