PR
Tejas Desai氏
Tejas Desai氏
[画像のクリックで拡大表示]

 世界で自動運転車の開発が加速している。IT業界の雄である米Google社、大手完成車メーカーに加えて、メガサプライヤーが開発に挑む三つ巴の様相だ(関連記事:日経Automotive誌2015年3月号の特集「グーグルカーの破壊力」)。メガサプライヤーのうち、世界で最も自動運転車の開発に意欲的なのがドイツContinental社である。同社で開発に取り組むTejas Desai氏(Head of Interior Electronic Solution)に最新状況を聞いた。

Continental社が手掛ける領域はどこか。

 当社が中心になって、自動運転車に関わるすべてのエコシステムを構築する方針だ。パワートレーンやブレーキなどの基幹部品や自動運転車に必要なセンサーを手掛けている上、データの解析技術や認識技術がある。既に自動運転車を公道で走らせる実験にも着手した。もちろん、すべて自前で手掛けるわけではない。パートナーの力も多く借りる。

高精度な地図データの開発でNokia社と提携した狙いはなにか。

 自動運転車に地図データはとても重要だ。鍵を握る技術と言ってよい。自動運転車は地図のないところを基本的に走れない。ただし、3次元データで構築した詳細な地図は必ずしもいらない。車線の幅や制限速度などの情報だけが含まれたシンプルなものでいい。Nokia社の地図データは、そうした要求に応えるものだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料