PR

 世界半導体統計(WSTS)の2014年秋季半導体市場予測では、2014年の世界半導体市場は対前年比で9.0%成長して3331億米ドルに拡大するとしている。この傾向は今年も続き、対前年比で+3.4%成長して3445億米ドルになるという。ますますの成長が期待される半導体市場だが、その中身やそれを支える企業や技術の動向を見ると、大きく質が変わってきているように見える。

 近年の半導体市場を牽引してきたスマートフォン市場は、規模の巨大さは変わらないものの、成熟感を隠せないようになってきた。一方で、新市場としてIoTやビッグデータ、クラウドといったキーワードで語られる市場の成長が期待されるようになった。技術面でも、ニューロチップなどに代表される非ノイマン型コンピューティングの萌芽や人工知能の発展といった、新しいステージの始まりを予感させる技術に注目が集まってきた。こうした変化に対応すべく、企業の買収・合併が進む可能性もありそうだ。

 今回のSCR大喜利では、「展望、2015年の半導体業界」と題して、回答者それぞれが注目する2015年に起き得る動きを披露していただいた。各回答者には、注目している動き・出来事、市場に大きな影響を及ぼす機器やサービス、ブレークまたは急展開する可能性が高い技術を聞いた。回答者に投げかけた質問は以下の3つ。ここでは、それぞれの回答をまとめる。

【質問1】
2015年の半導体業界で、注目している動き・出来事は何でしょうか?

【質問2】
2015年の半導体市場に、大きな影響を及ぼすと考える機器やサービスは何でしょうか?

【質問3】
2015年、ブレークまたは急展開する可能性が高いと注目している半導体技術は何でしょうか?

 回答者は以下の通り。

清水洋治氏
某半導体メーカー
「新カテゴリー「ミッドハイ」向けチップは、新市場の開拓につながる」参照

いち半導体部品ユーザー氏
某ICT関連企業
「セキュリティー、リユース、信頼性の動きに注目」参照

大山 聡氏
IHSテクノロジー
「IoTやウエアラブルは夜明け前、ただしADASの成長は注視すべき」参照

湯之上 隆氏
微細加工研究所
「徐々に実像を結び始めるIoT、そこに注力するスマホの新興勢力」参照

表1●回答のまとめ
[画像のクリックで拡大表示]