PR
[画像のクリックで拡大表示]

 偶然、Apple社の人と隣り合わせになっていたのは、1月に米国ラスベガスで開催されたエレクトロニクス関連の展示会「2015 International CES」の会場です。私は、ドイツAudi社のブースにいると、「Apple Inc.」と印字されたCESの入場パスを首からぶら下げた2人の男性が、Audi社の担当者と熱心に話し込んでいたのでした。

 Apple社の2人(とついでに私)が話を聞いていたのが、Audi社が今回のCESで初披露した電動車両向けのワイヤレス給電システムです(関連記事)。同システムは、送電コイル側に蛇腹状の可動部を設けているのが最大の特徴。送電器の上に電動車両を駐車すると送電コイルがせり上がり、電動車両の底面に設置する受電コイルとの距離を縮める仕組みなのです。

 少し脱線しますが、Audi社のワイヤレス給電システムは、「日経テクノロジーオンライン」のFacebookページで解説付きの動画で紹介していますので是非。