PR

 昨年末、自宅を引っ越したのを機に思い切った買い物をしました。手に入れたのは「波動スピーカー」です。ご存知の方もいるかもしれません。これで音を聴くと、本当に心地よくなります。

 引っ越し前から、リビングに置くスピーカーを探していたのですが、納得できるものが見つかりませんでした。以前は、フロントスピーカーだけでサラウンド感が得られるというシステムを使っていましたが、どうも好きになれません。それより学生時代から使っていた古い木製スピーカーの方がずっとしっくりきます。私は、オーディオマニアではないので、波動スピーカーから“良い音”が出ているのかは分かりません。しかし、音源にかかわらず私の気に入る音が聴こえてきます。

 冒頭で「思い切った」と書いたのは、このスピーカーの原理をよくわからないまま買ったからです。理科系の読者の皆さんと同じく、私はまずは“左脳”で納得してから買い物をします。つまり、物を買う前には価値を決める要素をそれなりに理解しようとし、自分なりに見出した価値を価格と照らし合わせ、購入の判断をしています。従って「かわいい」という理由で衝動買いができる妻よりは、ずっと賢明な消費者であると思っています。

 波動スピーカーの原理については、インターネットなどで調べると説明が見つかりますが、私にはよく分かりませんでした。結局、ショールームに行って説明を聞くことにしたのです。しかし、先に試聴したところ1分もしないうちに気に入りました。恐らく聴いた音に“右脳”で惚れたのでしょう。もう左脳を納得させる必要はないのだと私は思いました。

 私に波動スピーカーの購入を決めさせた要因は、おそらく「かわいい」からと妻に衝動買いをさせるものと同じでしょう。ただ、私の場合は決断に至るまでに遠回りをしました。そう考えると、賢い消費者はどちらなのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料