PR

機能てんこ盛りのデジタルX線

 Samsung Electronics社は、2015年2月に韓国と西ヨーロッパで発売したデジタルX線撮影装置「GC85A」と「GM60A」を披露した。優れた映像品質や、患者がいるところに移動して使える優れた患者接近性などを強調していた。

Samsung Electronics社のデジタルX線撮影装置「GC85A」
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの新製品には、雑音を除去して画質を改善する画像処理技術「S-Vue」や、防水・防凍機能で耐久性を高めた超軽量の「S-detector」などを搭載している。節電機能も備える。待機状態では節電モードに切り替わり、稼働時の半分の電力しか使わないという。

 GC85Aはプレミアムモデルと位置付ける製品で、一度のボタン操作で撮影位置の調整、撮影ポジション設定などレントゲン撮影に必要な設定が流れ作業で行える。レントゲン技師の動きを最小限にとどめ、素早く撮れるのが特徴だ。撮影角度を自由に設定できるので、体が不自由な患者のレントゲンも安全に素早く鮮明に撮影できるようになった。体内に移植した金属製補形物による陰影を最小限にとどめ、血管や関節などが重なる部位も鮮明に高画質で撮影できるという。