長岐 若い人たちの背中を押すのって大切ですよね。本来は、お金を出すだけではなくて、アイデアを持った若者の取り組みを経験を持ったシニアが支援するような取り組みが必要なんです。会社の作り方であったり、資金調達の方法だったりをコーチングするような。そういうマッチングまでを含めてサポートしようという活動は、国も含めてあまりないですよね。

木下 私の周囲には女性が多くて、若い子もいれば、それこそ私より年上の人もいます。今、日本の政府は「2020年30%」、つまり「2020年までに指導的立場にいる女性の割合を30%にする」という目標を掲げているんですけど、周囲に話を聞くと、正直なところ会社にいる女性としては若干しらけている印象だと思うんです。だって、現状の管理職は魅力的な仕事ではないから。

瀬川 確かにそうかもしれないね。

木下 たぶん、働き方が変わらない限りは、管理職になりたいとは思えないですよ。女性は合理的なので。それでも、すぐには会社を辞めません。一方で次に進む道が見えてきたら、男性よりもいとも簡単に辞めていくと思います。

 辞めちゃった女性たちの中では、次の道として起業を選ぶ人が今後、絶対に増えてくる。そうなったときに、長岐さんがおっしゃるようなサポートがあった方がいいですよね。ベテランだからこそ持っているノウハウだったり、人脈だったりを生かした支援は、すごくいいものになると思います。双方をどうやってつなげていくかが、今後の課題になるのではないでしょうか。

 私自身ができることは、起業家の背中を押していくことです。「もう一歩踏み出しなさいよ」という場面で。

瀬川 女子大のキャリアカレッジに来る人は、どんなことを学ぶんですか。

木下 起業家養成コースでは、例えば事業計画書の書き方などですね。どう書いていいか分からない人も多いですし、書いて終わりではないので、それをどうやってブラッシュアップしていくか、資金をどう集めるか、メンターとなる人の見つけ方など、起業の精度をより高める方法論を6カ月くらいで学んでいきます。

 女が頑張らなければならないとか、女性活性化とか、そういうの嫌いなんですよ。女も頑張るし、男も頑張れよ、どっちも頑張んなきゃいけないんで。男だろうと女だろうと若者だろうと優秀な人がきちんと評価される社会になれば、それでいいと思う。そうじゃない人は優秀な人に助けてもらえる。それが健全な社会だと思っているけれど、今はまだそうなっていない。それを人と人をつなぐことで変えていきたいと思っています。

(写真:花井智子)
[画像のクリックで拡大表示]

瀬川 木下さんは、「人と人をつなぐこと」が好きなんだよね。

木下 本当に、いろいろなことが分断していると思うんです。男女もそうだし、若い世代と上の世代も、大企業で働いている人と、そうではない人たちもそう。それをつなげて起こる化学反応にワクワクするんですよ。

瀬川 何だか、大学院に行って、きちんと汎用的なテーマに落とし込んで自分の考え方を話すようになったね。それはすごいと思う。だって、以前は、属人的に個人と個人をつないでいたじゃないですか。

木下 そうかもしれないですね。たぶん、この2~3年で自分がやってきたことを俯瞰してみたときに「自分がやりたいことは、これなんだ」と気付いたからだと思います。