PR

 「CX-5」から始まるマツダの新世代商品の第5弾として、小型クロスオーバーSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の「CX-3」が誕生した。

 デミオを基に開発されたCX-3だが、単にSUV的な車体を架装するのではなく、独創の価値観をデザインした。特に室内空間の心地良さは、新鮮で華やいだ気分にさせてくれる。また、ディーゼルエンジンだけの設定という点も、CX-3に独特な存在感をもたらしている。

マツダの新世代商品群に共通する顔つきだが、全体のスタイルにはハッとさせる存在感がある
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料