PR

 今回は日経テクノロジーオンライン編集より提供された中国のiPhone 6模造品を分解調査した。価格は2万円少々で、本物の3分の1程度である。シャンパンゴールドのケース、本物と変わらない質感、黄色とオレンジの2色のカメラ用フラッシュなど、外観はかなり似ている。2014年12月に日経BPの記者が本物とだまされて購入したものだという。正規品のリリースから、わずか3カ月ほどで世に出たコピー。早速、その中身を探ってみた。

編集注:iPhone 6模造品は弊社の記者が中国・上海の空港で本物とだまされて購入しました。詳しい経緯はITproの「iPhoneを買ったら偽物だった」をご覧ください
購入時のiPhone 6模造品のパッケージング
購入時のiPhone 6模造品のパッケージング
箱まで完全に模倣。本体に加えて、USBケーブル、中国用変換プラグ、イヤホンなどが入っていた

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料