PR

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2015年3月15日、日欧協力で2016年度打ち上げ予定の水星探査機「ベピコロンボ」の日本側担当探査機「水星磁気圏探査機(MMO:Mercury Magnetospheric Orbiter)」を、神奈川県相模原市のJAXA宇宙科学研究所で報道公開した(図1~3)。MMOは、欧州宇宙機関(ESA)が担当する「水星表面探査機(MPO:Mercury Planetary Orbiter)」と結合され、2016年度に南米仏領ギアナのギアナ宇宙センターから「アリアン5」ロケットで打ち上げられる予定。水星到着は2024年で、MMOは主に水星の磁気圏を、MPOは水星本体をそれぞれ1年にわたって観測する。

図1●水星周回軌道で観測を行うMMO想像図
図1●水星周回軌道で観測を行うMMO想像図
画像:JAXA
図2●公開された日本側担当の水星磁気圏探査機「MMO」
日欧協力で2016年度打ち上げ予定の水星探査機「ベピコロンボ」に搭載する探査機。側面は太陽光を反射するための鏡面仕上げとなっている。
[画像のクリックで拡大表示]
図3●さほど大きな探査機ではないMMO
人との対比で大きさが分かる。ESAのMPOは質量1150kgと、MMOの約5倍の規模がある。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料