PR
今、FMEAを学ぶ日本メーカーの技術者が増えていると語る國井氏
今、FMEAを学ぶ日本メーカーの技術者が増えていると語る國井氏
[画像のクリックで拡大表示]

──品質問題がいつ起きても不思議ではないレベルですね。一方で、FMEAを使っているところも、過去のトラブルのみ。

國井氏:点数で言うと50点ぐらいですかね。トラブルを想像することができていないんだから。そうした日本企業が大半です。

──FMEAを使っている日本企業は全体の何割くらいですか。

國井氏:私の感覚では、FMEAを使っている日本企業は3割程度です。

──FMEAを使っているところが3割程度…。

國井氏:そう、ほとんどの日本企業が使っていない。

──大手自動車メーカーの影響を受けてFMEAに再注目している企業が増えているという話でしたよね? だけど、実践しているのは3割程度。逆に言うと、7割の日本企業はどう考えているのでしょうか。

國井氏:使っていないんです。会社規模によらず。

──ということはつまり、現在、ざっと7割の日本企業は、いつトラブルが起きてもおかしくない状況ということですね。

國井氏:その通り。驚きでしょう? しかし、50%なんてとても言えませんよ。