PR

物理学者vs哲学者

 ボルツマンとマッハの論争に話を戻そう。これは科学が哲学から決別するかどうかの議論でもあった。それまで科学は自然哲学に属し、哲学である限り、理論が正しいかどうか、つまりその正当性が問われた。しかし理論が正当かどうかを問うことをやめて、理論が現象を矛盾なく説明できればよい――ボルツマンはマッハとの不毛な議論の帰結としてそう考えた。すなわち科学は理論の正当性を問わず、有効性だけを問えばいい、と。

 このとき、ボルツマンによってサイエンスが初めてフィロソフィーから精神的に独立したといえる。科学は、初めて哲学を中核とする人間の学問と袂(たもと)を分かった。これは、人間の精神を論じるときに問われる「正当」や「目的」という価値から、科学が「解放」されたことを意味する。おかげで科学はいかなる倫理的規制も受けずに急速な進展を遂げ、現代文明の主役の座に収まることになったのだ。

 時を同じくして、サイエンスという言葉が普及する。サイエンスは自然哲学から化学や物理学が細分化し、それを一つの器の中に入れる言葉としてラテン語のscientiaから派生した。

 イギリスの科学史家ウィリアム・ヒューウェル(William Whewell、1794~1866年)は1834年、サイエンスに携わる人々を「サイエンティスト」と呼ぶことを提案した。ここにいわゆる「職業科学者」が生まれることになる。

 しかしそれに対する反発は多く、19世紀後半にイギリスの生物学者トマス・ハクスレイ(Thomas Huxley、1825~1895年)は「サイエンティストという言葉は英語として非常に汚い。自分のことはマン・オブ・サイエンス(Man of Science)と呼んでほしい」と表明して議論になった。

 「サイエンスはそれによってお金を稼ぐような卑しいものではない」というハクスレイの感覚はよく分かる。サイエンティストと名乗った瞬間、自分が見つけた公式も原理も法則もすべて職業、つまり金銭の対価としてやっている気分になるというわけだ。

 19世紀後半はサイエンティストと呼ばれることに対して、みんな抵抗を感じていた時代だったと思う。お金を得るため、生活のためではなく、マン・オブ・サイエンス、「科学する人」として、内なる好奇心に導かれながら科学をやっている。そんな時代だった。