PR
アクセス記事ランキング(3/26~4/26)
電子機器
1 上海でつかまされた偽iPhone 6は山塞機の末裔だった
2 0.1mm単位の戦いを展開する薄型スマホ最前線
3 HDD編(5)いきなりの電源断ではHDDは壊れない
4 工事現場や採掘場で使える、名門建機メーカーの頑丈スマホ
5 サムスンのトップシェアを陰で支える、激戦価格帯の廉価スマホ
6 個人データを宝の山に 日米欧の議論の行方
7 直径25cmの球体から強い風、パナソニックが新たな扇風機
8 東大生が売り出す「ビックリドッキリメカ」
9 老舗の高級音響ブランドは、なぜスポーツを目指したか
10 儲けるためのR&D、絵で見る日立の研究開発戦略
11 有機ELテレビを諦めない、孤軍奮闘する韓国LG
12 曲がって伸びるBluetoothビーコン、太陽電池駆動で厚さ2.5mm
13 技術開発の「加速度感」ありますか?
14 “ネコミミ”はグローバルニッチの先駆け
15 Galaxy S5の分解情報で直前予想、S6は(たぶん)こうなる
16 有機EL照明、普及元年はいつか
17 中国だけでなく米国にも注意、マネに負けないイスラエル社の開発体制
18 周辺業界からの注目集める「医療機器産業」の現状を知る
19 投球が宙を飛ぶ! エポック社の野球盤の新製品
20 三菱電機が人工衛星由来のビーム形成技術を5G向けに適用

 電子機器サイトでは、スマートフォンと分解に関する記事がよく読まれている。この1カ月間では、ランキング上位5本のうち4本がスマホの分解記事だった。

 このうち2位に入った記事は、厚みが5.1mmと薄い製品の中身を紹介している。中国の大手家電メーカー、BBK Electronics(歩歩高)社の製品である。

 搭載しているカメラは1300万画素のソニー製。モジュール寸法は8.47mm×8.67mmで厚みは5.10mm。当然ながら5.1mmの筐体に入りきらず、カメラモジュールの一部がはみ出していることが記事に掲載している写真を見ると分かる。ヘッドフォン端子も薄型化の制約要因になるかもしれないと著者は気にしている。

 薄型化に貢献した電子部品は有機ELディスプレーとする。液晶ディスプレーと異なり、バックライトが不要になるからだ。薄型化のために2000mAhのリチウムイオンポリマー2次電池を採用しているが、搭載している米Qualcomm社製の高性能プロセッサーの消費電力を考えると、容量が不足していると著者は指摘する。