(図:CEC)
(図:CEC)
[画像のクリックで拡大表示]
ZNEホームの内部(図:Meritage Homes社)
ZNEホームの内部(図:Meritage Homes社)
[画像のクリックで拡大表示]
カリフォルニア州フォンタナ地域に建設されたZNEホーム(図:Meritage Homes社)
カリフォルニア州フォンタナ地域に建設されたZNEホーム(図:Meritage Homes社)
[画像のクリックで拡大表示]
カリフォルニア州フォンタナ地域に建設された別タイプのZNEホーム(図:Meritage Homes社)
カリフォルニア州フォンタナ地域に建設された別タイプのZNEホーム(図:Meritage Homes社)
[画像のクリックで拡大表示]

追加費用ゼロでZNEを提供

 Meritage Homes社は、全ての新築住宅に「Energy Star」を取り入れた全米で最初の住宅メーカーである。Energy Starは、米国エネルギー省と環境保護庁(EPA)が1992年に開始した、省エネルギー型電気製品のための環境ラベリング制度である。

 Meritage Homes社は、ロサンゼルス近郊のフォンタナ地域にある、130軒の分譲住宅で構成するコミュニティーのうち、20軒のZNEホームを建設中である。太陽光発電システムや暖房・換気・空調(HVAC)システム、太陽熱温水器、ヒートポンプ、断熱・気密機能の高いポリウレタンスプレー断熱材、Low-Eガラス、断熱サッシ、LED照明、スマート家電、HEMSを搭載している。

 これらの断熱・省エネ技術により、このZNEホームは最新のカリフォルニア州の建築基準に沿う新築住宅に比べて、約60%のエネルギー消費を節約できるという。省エネ化していることから、設置する太陽光発電システムの容量も小さくできる。「同じ広さの住宅であれば、これまでの7k~10kWの太陽光発電システムが必要だった。我々のZNEホームであれば、3.5k~4.5kWのシステムで十分だ」とHerro氏は自慢げに語った。

 建設中の20軒のZNEホームの床面積は1939~2319平方フィート(54.6~82.2坪)になる。間取りは2種類から選ぶことができる。(1)リビングやダイニング、キッチン、3つの寝室、3つのトイレ、2つの風呂、2台分の車庫、または(2)4つの寝室、4つのトイレ、3つの風呂、3台分の車庫である。価格は37万~44万米ドルになる。ちなみに、この地域における同等(3LDK)の新築住宅の平均価格は31万米ドルという。

 Meritage Homes社は、「ハッピーな地球、ハッピーなお財布」とするアースデイのプロモーションとして、最初の20軒のZNEホームの購買者には、ZNE基準を満たすための追加費用をゼロで提供する。さらに、シエラクレストに建てる他の分譲住宅のユーザーが、ZNEホームにアップグレードを希望する場合はディスカントするという。